VALORANT - 基本プレイ無料で配信中!
VALORANTのエラーコード一覧

ゲーム起動時やプレイ中、エラーが発生して正常に遊べない場合があります。

今回は、VALORANTのエラーコードを記載します。

ちなみに、公式サイトに掲載されているエラーコードに無いエラーコードが出力されるパターンもご報告いただいており、その場合は基本的にサーバーやVALORANT側の不具合となるので待つか問い合わせるくらいしか解決方法がありませんので覚えておいてください。

VALORANTのエラーコード一覧

コード 内容 解決方法
4 表示名が不正です。 このエラーの原因はあなたのRiot IDです。Riot IDはこちらから変更することができます。
5 アカウントがどこか別の場所からログインされていました。 すべてのデバイスからログアウトするようにしてください。
7 セッションサーバーに接続できませんでした。 アカウントの一時停止処分を受けたのかもしれません。通知メールが届いていないか確認してみてください。またプラットフォーム側の問題である可能性もあります。VALORANTの公式Discordやサポートサイトのバナーから詳細情報をご確認ください。
8 – 21 Riotクライアントの問題です。 Riotクライアントを再起動してください。
29 これはネットワークの問題です。 現在お使いのファイアウォールでVALORANTの通信が許可されているかご確認ください。これについてはこちらにより詳しい情報が掲載されています。
31 プレイヤー名の情報取得に失敗しました。 Riotクライアントを再起動してください。
33 Riotクライアントのプロセスが終了されました。 Riotクライアントを再起動してください。
43 システムがタイムアウトしました。 Riotクライアントを再起動してください。
44 Vanguardが初期化されていません。 Riotクライアントを再起動してください。それでも解決しない場合、Riot VanguardをアンインストールしてからVALORANTを起動し直してください。
45 Vanguardの再起動が必要です。 Riotクライアントを再起動してください。それでも解決しない場合、Riot VanguardをアンインストールしてからVALORANTを起動し直してください。
46 プラットフォームがオフラインです。 システムの管理と保全のための定期メンテナンス中です。時間をおいて再度ご確認ください。
49 チャットが初期化されませんでした。 チャットシステムの問題と思われます。Riotクライアントを再起動してください。
50 ボイスチャットが初期化されませんでした。 チャットシステムの問題と思われます。Riotクライアントを再起動してください。
51 パーティーの作成に問題が発生しました。 パーティーシステムの問題と思われます。Riotクライアントを再起動してください。
52 プレイヤーのスキル情報取得に問題が発生しました。 Riotクライアントを再起動してください。
53 Riotクライアントのチャットに問題が発生しました。 Riotクライアントのチャットシステムの問題と思われます。Riotクライアントを再起動してください。
54 コンテンツサービスの不具合です。 VALORANTがあなたのコンテンツの情報取得に失敗しました。Riotクライアントを再起動してください。
55 アプリケーション修復マネージャーの初期化に失敗しました。 Riotクライアントを再起動してください。問題が解消されない場合、サポートサイトのバナーをご確認ください。クライアントに不具合が見つからない場合は、プレイヤーサポートにお問い合わせください。
56 法的情報の初期化に失敗しました。 Riotクライアントを再起動してください。問題が解消されない場合、サポートサイトのバナーをご確認ください。クライアントに不具合が見つからない場合は、プレイヤーサポートにお問い合わせください。
57 プレイヤーアフィニティの初期化に失敗しました。 Riotクライアントを再起動してください。問題が解消されない場合、サポートサイトのバナーをご確認ください。クライアントに不具合が見つからない場合は、プレイヤーサポートにお問い合わせください。
58 RSOのバリデーションに失敗しました。 Riotクライアントを再起動してください。問題が解消されない場合、サポートサイトのバナーをご確認ください。クライアントに不具合が見つからない場合は、プレイヤーサポートにお問い合わせください。
59 ログインキューの実行トークンに不具合があります。 ログインキューの問題と思われます。Riotクライアントを再起動し、サポートサイトのバナーをご確認ください。
60 パッチの初期化に失敗しました。 スタートアップの実行中に不具合が発生しました。Riotクライアントを再起動してください。
61 あなたはVALORANTのプレイを禁止されました。 アカウント停止処分の詳細についてはこちらからご確認ください。
62 ゲームポッドと接続が確認できません。 ネットワークに不具合があるようです。クライアントを再起動してください。問題が解消しない場合は、プレイヤーサポートにお問い合わせください。
63 マネージャーが削除されました。 スタートアップの実行中に不具合が発生しました。Riotクライアントを再起動してください。
64 セッションの実行に失敗しました。 スタートアップの実行中に不具合が発生しました。Riotクライアントを再起動してください。

エラーコード7で「え!?BANされた?」と思うかもしれませんが、ほとんどの場合サーバーエラーなので再起動で治ります。
ガチのBANはエラーコード61となるので、焦らず確認するようにしてくださいね。

小ネタカテゴリの最新記事